転職のリアル:現在、商社で営業職として働く35歳男性既婚(子供有)の転職体験情報

転職のリアル:現在、商社で営業職として働く35歳男性既婚(子供有)の転職体験情報

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、商社で営業職として働く大阪府に住む35歳男性で、既婚(子供有)の太郎(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について太郎さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:建築業界から商社に転職。
  • 職種:営業職から営業職。
  • 年収:450万円から、350万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    2ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で新聞販売店に入社しました。主に新規開拓の営業と既存読者の管理が仕事の内容でした。その後業界の縮小と共に警備業の営業職へ転職し、法人営業を経験します。
    5年勤めましたが、給与に不満があり、建築業界の営業で年収を伸ばそうと考え転職しました。注文住宅の営業としては、1年8カ月勤務しました。
    休日が無い月があったりと環境を改善する為に、再び包装資材の商社で営業として働き現在3年目になります。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    休日がほとんどとれない事と、上司のパワハラ等があり転職せざるをえない状況になりました。
    ずっとこの業界で働いていく事は無理かなと考えました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    転職エージェントを通じて転職活動をしました。もちろん、自分で面接先企業の情報をネットで調べたりもしていました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    プライベートの時間を確保できる事を第一に選びました。面接の時にも残業時間や休日出勤に関しても確認を行いました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビネクスト、doda

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    サイトに登録したメリットとしては、その転職サイトでしか掲載していない企業や情報がある事。またその企業に対しての面接対策がある事です。悪い点はありません。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    doda

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職エージェントが面接のスケジュール管理や、適性をみたりしておススメの企業を紹介してくもらえる事がよかった点です。

    転職した会社に満足していますか?

    今は一番ストレスも少なく、自分のやりがいやプライベートの時間の確保もでき転職に満足できています。大企業にも所属したりもしましたが、小規模の事業所で働く方が自分には合っていると感じました。悪かった点はありません。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    自分のやりたいことや、自分にとって手に職をつけるような職業を選んで活動していたかと思います。もっと余裕をもって転職活動できていればよかったかもしれません。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    IT業界でプログラミングを仕事として、将来は独立できるようなスキルが身につく会社が良かったです。新卒の最初の会社が基礎を築くので、失敗したかなと思いました。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    世の中の不況や市場の状況にもよりますが、自分自身の今までの経験にプラスアルファーできる企業に転職されるのが望ましいのではないでしょうか。

    以上

    まとめ

    今回は、商社で営業職として働く大阪府に住む35歳男性で、既婚(子供有)の太郎(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事