転職のリアル:現在、小売で営業職として働く36歳女性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、小売で営業職として働く36歳女性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、小売で営業職として働く神奈川県に住む36歳女性で、独身の沙羅(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について沙羅さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:流通・小売から小売に転職。
  • 職種:販売職から営業職。
  • 年収:420万円から、400万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    3ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    大学卒業で医療系法人で事務職につき、1年弱で、系列の会社で販売職に異動になりました。 そこで4年ほど勤務したのち、かねてからの夢であった雑誌編集の仕事につき、情報誌の編集者兼ライターを2年経験しました。激務で体調を壊し、経験職種の販売業へ転職し、6年勤めたのちに転職し現在は福祉系業種の営業をしています。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    最初の転職では、学生時代から憧れを抱いていた雑誌の業界が諦められず挑戦したかったからです。 2番目の転職は体調を崩したのでペースを落として長く働けるようにと考えました。 直近の転職は、販売業はまとまった休日が取れず海外旅行など自分のために使える時間が取れないため、年間休日が多い会社にしてワークライフバランスを改善したいと感じたことが唯一最大の理由です。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    主にネット上で転職サイトを7社以上登録(3回の転職で徐々に増えました)しスカウトを受けられるようにしましたが、自分1人では情報収集に限度があると感じてエージェントへ相談もしました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    直近の転職では、年間休日日数が多いこと・フレキシブルに休日を取っている実績があることです。前職では3日以上の連休が取れず世間の繁忙期とも真逆の休日なので家族や友人との時間をもっと増やしたいと思い、エージェントに実績を確認してもらいました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビネクスト、@type、@typeWoman、マイナビ転職、ビズリーチ、ワークポート、LiB、doda、Wantedly、

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良い点/ ・掲載件数が多く、条件検索で効率的に募集企業を一覧できる事 ・取材がされている企業であればオフィスや社員の顔がなんとなくわかる写真が掲載されていて雰囲気を掴みやすい ・転職ノウハウが掲載されていたり、セミナー情報があったり情報収集が容易にできる 悪い点/ ・イメージ画像が使用されていて、実際の社風と全く異なり足を運んでみてギャップでマイナスに感じる ・良いことしか書かれていないので、自分自身で疑って調べないとミスマッチが起きやすい

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    マイナビエージェント、リブズキャリア、@type、ワークポート

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良かった点/ ・自分の希望をうまく伝えられれば、マッチしそうな企業を効率的に紹介してもらえる ・自分の強みや客観的な意見を教えてもらえる ・書類作成やコーチングをしてもらえる ・応募や交渉を代行してくれるので楽 悪かった点/ ・当然ながらマイペースにはできず常に急かされる ・社会的価値(年収)が低いとコスパが悪いと判断されるのかさっさと終わらせようとしていると感じる→「とにかく興味がなくても全部応募しましょう」「内定が出たらもうここに決めてしまった方がいいです!」「すぐに決められない理由はなんですか?」とあまりこちらの意志を聞いてくれなくなる

    転職した会社に満足していますか?

    現状満足度は30点/100点です。 悪い点/ エージェントを利用して入りましたが内定後に事実と異なることを伝えられ、一番の転職理由がかなっていないという事態になっています。 ただ、ブラック企業というわけでもなく、社員もかなり良い人が多いので全く不満というわけでもありません。 ただ転職して叶えたいことが叶わなかったらいったいなぜ年収を下げてリスクを犯したのかがわからなくなりました。 良かった点/ 世間と同じ休みになったのでイベントや趣味に参加しやすくなりました。 ただ、コロナの状況下では自粛続きなのであまり大きくプラスには働いていません。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    やり直そうとしています。 マージンをとっているために利害関係のあるエージェントを利用することはありません。 最近はカウンセリングや紹介しないキャリア相談を個別販売している方もいるのでそちらを利用しようと思います。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    とにかくやってみたい事や楽そうな会社も判断基準のひとつですが、新卒なら多少ハードワークになっても業界全体が伸びている分野の会社にいくべきだったと思います。 今の時代は働き方も厳しく監視されているので体調を崩すまで働く事もないと思います。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    ・年齢にもよると思いますが、30代で未経験職種は自信やスキルがない限りは諦めた方がのちのち自分のためかもしれません。 記憶力が低下した状態で1から仕事を覚えるハードさ・若い人が上司や先輩になる事でのお互いのやりづらさ・生涯年収が下がるリスク。これは必ず感じると思いますので、それを覚悟の上でやりたいと思える職なら良いと思います。 ・転職エージェントは必ずしもこちらの味方ではありません。利害がある関係なので、ある程度文句を言える人でないと割りを食う結果になるかもしれません。利害関係なしのスキル販売サイトにいる人たち(単発有料)に相談してみることも必要だと思います。

    以上

    まとめ

    今回は、小売で営業職として働く神奈川県に住む36歳女性で、独身の沙羅(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事