転職のリアル:現在、宿泊業で一般職として働く30歳男性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、宿泊業で一般職として働く30歳男性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、宿泊業で一般職として働く大阪府に住む30歳男性で、独身の田中(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について田中さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:宿泊業から宿泊業に転職。
  • 職種:一般職から一般職。
  • 年収:420万円から、370万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    3ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で入社した会社でレストランやバーを経験。マネジメントも含め店舗運営を行う。転職を二回行い、現在は役職付きの職位で活躍している。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    一番は自分の環境を変えたいと思ったことでした。環境を変えるためには天職が一番の近道であると考えたからです。一度の人生、我慢して自分を閉じ込めるよりか、自分がやりたいと思えることを素直にやることの方が人生が豊かになると感じたためです。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    転職エージェントにて情報収集を行いながら、自分でも転職サイトを複数登録しながら転職活動を行いました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    一番は自分がやりたいことが叶うかどうかでした。同じ業種であれど、社会に対するアプローチは各会社ごとに異なります。 私はやりたいことが今の状態では出来なかったこと、また自分の力不足も痛感したので、心機一転職場を変えようと考えました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    Wantedly、リクナビNEXT、マイナビ転職、Doda

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職サイトはエージェントに比べ、幅広く求人を探すことが可能でした。すぐに転職をしたい方にはお勧めだと感じます。 また、悪い点としてはいつでも出ている求人があります。そのような求人は正直に言ってブラックの可能性が大いにあるので、いくら広告業といえど、その辺りはしっかりと判別するべきだと思います。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    リクルートエージェント、Dodaエージェント、エンエージェント

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職エージェントは、非公開の求人を持っていることが多く、特に今回はまだ公募すらされていない企業にあたってくれるエージェントもいました。あたりを引けば自分にあった企業に積極的にアプローチしてくれるのでおススメです。 悪い点は当たりはすれが大きいことです。

    転職した会社に満足していますか?

    今回の転職は満足しています。やりがいを見つけたいと思っていて、新しくできる拠点に配属されることが決まっているので、今からとてもワクワクしています。今までと違うアプローチの仕方で業界を盛り上げていきたいと思っています。 悪かった点は年収が下がったことですが、安定している会社の為、コロナ禍においても賞与がしっかりでる地盤は魅力的かもしれません。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    もう少し早く、転職市場の動きをキャッチするべきでした。あとは働きながらの転職をするべきでした。今回は思い切って辞めたこともあり、貯金のそこが付いてしまいました。派遣をしながらの転職活動は辛かったです。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    しっかりと自分の自己分析を行ったうえで、企業理念に合う会社が良いと思います。社会人になるまでは実際の社会がどのように動いているかはわかりません。ですが、企業理念をみればその会社が何を大事にしているかが見えてきます。そこを自分のしこ分析と照らし合わせマッチすることが重要であると感じました。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    転職をするにあたって、絶対に妥協はしないほうが良いと思います。転職エージェントや転職サイトはどこかを妥協しましょう、と書くことが多いですがやめてください。最初からそれを考えると、妥協した転職しか出来ないからです。自分が受けていくうえで、それぞれの会社を見つつ、ここは譲れるな、という譲れるポイントを見つけてください。最初から妥協しているのと、譲れるポイントを探すとのでは天と地の差です。 絶対に良い場所が見つかると思うので、頑張ってください。

    以上

    まとめ

    今回は、宿泊業で一般職として働く大阪府に住む30歳男性で、独身の田中(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事