転職のリアル:現在、人材業界で事務職として働く33歳女性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、人材業界で事務職として働く33歳女性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、人材業界で事務職として働く東京都に住む33歳女性で、独身のらん(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」についてらんさん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:小売業界から人材業界に転職。
  • 職種:販売職から事務職。
  • 年収:350万円から、300万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    2ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    大手家電量販店の売り場販売員として入社しました。主にレジでの接客業務を担当していましたが、入社2年目以降は売り場作りや新商品の入荷数を決めるミーティングにも参加していました。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    店舗の接客業なのである程度の体への負荷は覚悟していたのですが、さすがに連日12時間を超える勤務が続くとは思っておらず、足腰を痛めてしまったことがきっかけです。座ったままでいることの方が辛い方もいるでしょうが、私はもう落ち着いて座ってできる仕事に転職しようと思いました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    親しい友人や家族にも相談はしましたが、やはり最後は自分自身で転職サイトなどから情報を集め、転職先を決めました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    まず事務職など、座って落ち着いた状態で働ける環境であることです。業務が忙しいというのは問題ないのですが、あちこちと動き回って何かをする仕事は体力的にも厳しいと思い、外出や社内での移動も少ない事務職を選びました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビNEXT、マイナビ転職、en転職、とらばーゆ

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    どのサイトも自分の希望する条件を設定して求人の検索ができるのですが、その結果ヒットする件数が少ない場合、自分の描いている理想は高すぎる、逆に多くの求人案件が見つかれば、もう少し高望みしても良いなど、自身の持つ希望や理想が相場とかけ離れていないかを計る良い基準になったと思います。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    リクルートエージェント

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    定期的かつしつこいと感じることのない頻度で担当者の方から連絡があり、自分の希望に近い非公開求人を案内してくださいました。ただ希望条件を全て満たすものはなかったので、やはりエージェントにも限界はあるのだと感じました。

    転職した会社に満足していますか?

    今は希望していた事務員としてマイペースに働けているので、概ね満足しています。年収が下がってしまったことだけはずっと心に引っ掛かっていますが、今後昇給の見込める企業であることは間違いないので、またここから地道にコツコツ頑張っていこうと思っています。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    どうしても面接で思い切った質問(昇給・昇進のペースや有給消化率、残業時間など)ができなかったので、多くの採用試験を受けた中で1社くらいはズバッと質問してみてもよかったかなと思っています。ただそうしてしまったら受かるものも受からなくなっていた可能性があるので、やはり今のままで良かったとも思います。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    接客業だけはやめておこうと思います。元々販売系のアルバイトをしていたこともあって、経験もあり自分にできそうな仕事と言えば接客だろうと決め込んでいたのですが、今思えばそれが間違いでした。できることなら学生時代から簿記などの資格を取り、事務系の仕事に就きたかったと思います。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    今の環境を捨てて新しい所にいくというのは誰にとっても負担ですしストレスも溜まります。それに年齢がライフプランのことも考えると、すぐには動けないという方も多いでしょう。しかし何かを変えたいなら自分で動くしかないですし、チャレンジできる機会は年齢が上がるとともに減少していきます。やるなら今、そう思って頑張ってみても損はないと思います。

    以上

    まとめ

    今回は、人材業界で事務職として働く東京都に住む33歳女性で、独身のらん(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事