転職のリアル:現在、流通業界で営業職として働く27歳男性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、流通業界で営業職として働く27歳男性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、流通業界で営業職として働く東京都に住む27歳男性で、独身のモリナガ(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」についてモリナガさん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:流通業界から流通業界に転職。
  • 職種:営業職から営業職。
  • 年収:450万円から、450万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    2ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で金属を扱う商社に入社しました。営業部署に配属され、主に商材の流通や事業開拓の業務を担当していました。その会社で1年9ヵ月働いたのち楽器を扱う商社に入社し、前職と同じく営業に配属され、現在に至ります。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    前職では機械や自動車の内部部品を取り扱っていましたが、自分自身が元々そのような業界に興味がなかったので商材に対する知識欲が湧かないことが苦痛になりました。そこで自分の興味のあることは何かと振り返った時に学生時代に行っていた楽器だと思い立ち、楽器に携わる仕事がしたいと気持ちが転職の1番のきっかけです。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    転職情報サイトや転職エージェント、自分が知っている企業の求人等を調べました。基本的にはネットで情報を収集していましたが、転職エージェントを利用した際には実際にお会いして説明を受けました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    年収は多少下がってしまうことは覚悟していました。それよりもワークライフバランスを重視しました。前職では通勤時間が長く、また、満員電車に揺られていました。その他には飲み会が多く、お酒が苦手な私は辛かったです。現職の仕事内容を伺った際にリモートワークを推進していくとのことだったので、自分の希望に合うのではないかと考えました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    マイナビ転職

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    募集要項での情報と実際働いている、働いていた人の話とは若干異なる部分があります。手軽におおよその情報を知ることができるのは大きなメリットですが、本当に知りたい情報というのは転職サイトだけでは見つけることができないので、そこはよくない点だと感じます。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    マイナビエージェント

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職市場の現状や動向を知ることができ、自分の転職活動には何が必要なのかを知ることができました。自分自身を振り返ることができたのは良かったです。しかし一方で現実を叩きつけられるので萎縮してしまう部分があるのは事実です。

    転職した会社に満足していますか?

    就業環境には大変満足しています。基本的にテレワークが推奨されており、残業もありません。通勤時間がないというのは思う以上にメリットで、今ままでの時間がいかに苦痛だったかを自覚することができました。悪かった点では若干ではありますが収入が減ってしまったことです。しかし、概ね満足しています。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    今回の転職では同業界同職種の仕事を選んでしまったことを後悔しています。業界か職種を変えていれば自分の仕事の幅が広がったのではないかと思います。そのためにも事前のリサーチをよくすることが大事だとも気づきました。必要なことや方法はわかったので改善できる余地があると思います。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    大企業ではなく成長過程にあるベンチャー企業やスタートアップがいいのではないかと思います。自分の判断で仕事ができる、自分の裁量が大きいといいのは企業の成長と自分自身の成長に直結しますので、仕事に対する考え方や姿勢がより前向きなものになるのではないかと思います。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    現場から逃げるだけの転職は自分自身のキャリアアップにつながるとは思えません。自分の生活において何を重要視するのか、自分の人生を豊かにするためには何が必要なのかをよく考えることが大切です。何事も後ろ向きではなく前向きな意識で取り組むといい結果が得られると思います。

    以上

    まとめ

    今回は、流通業界で営業職として働く東京都に住む27歳男性で、独身のモリナガ(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事