転職のリアル:現在、金融業界で保険会社事務として働く40歳女性既婚(子供無)の転職体験の本音

転職のリアル:現在、金融業界で保険会社事務として働く40歳女性既婚(子供無)の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、金融業界で保険会社事務として働く兵庫県に住む40歳女性で、既婚(子供無)の高橋(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について高橋さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:金融業界から金融業界に転職。
  • 職種:保険代理店営業から保険会社事務。
  • 年収:300万円から、250万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    3ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    大学卒業直後は、飲食業界にて接客を中心とした業務を行っていました。 4年ほど勤めたあと、飲食ではない接客業がしたいとの思いで小売業界へ転職し、雑貨店にて販売・仕入れ・売上管理等の業務を行いました。 その後、家庭環境の変化にともない、金融業界へと転職し、保険代理店にて営業や事務を行っていました。 コロナの影響で会社の業績が悪化し、入社当初とは違う職種への転向を余儀なくされたため、転職を決意し、現在は保険会社にてサポート業務を行っています。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    当時、事務職として営業の方をサポートする業務についており、自分自身とても適職だという思いで取り組んでおりました。 しかし、コロナの影響で会社の業績が悪化し、事務職を廃止して全員営業職への転向を求められたため、自分の適性やこれからどうしたいかということを考え、転職を決意いたしました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    主に、エン転職のアプリで情報収集を行いました。また、具体的な会社についてではなく、自分にはどのような職場が合っているのか、転職活動をする上で何に重きを置けばいいのか、については友人から様々な考え方を聞き、参考にさせていただきました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    一番大切にしたことは、会社の規模です。新型コロナウイルスといった予測不能な事態がおこり、また今後どうなるか不透明な中、また何かイレギュラーなことが起こったとしても、簡単には潰れないような会社で、また、在宅勤務や休業などにも柔軟に対応できるような資金力のある会社に努めたいと考えたからです。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    エン転職、マイナビ転職

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良い点は、アプリ内で応募の管理やその後のメッセージのやり取りが出来ることです。転職活動においては、同時に複数社へ応募することもあると思うので、ひとつのアプリで管理できるのは便利だと感じました。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    利用していない。

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職エージェントは利用していません。客観的に自分を見てもらえるのではということには魅力を感じますが、結局のところは自分で自分自身にきちんと向き合い、どのように働きたいのか、転職先に求めることは何か、ということを突き詰めなければならないと考えたからです。

    転職した会社に満足していますか?

    転職にはとても満足しています。勤務時間や曜日がとても規則的になったので、生活リズムがかなり整い、体調を崩すことがなくなりました。また、休みの日に職場から連絡が来るということもなくなったので、オンとオフの切り替えがかなり出来るようになり、ストレスを感じることが減りました。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    今回の転職にはとても満足しているので、やり直したいとは思わないのですが、しいて言うならもっと早く転職すれば良かったということです。以前は年齢のこともあり、色々と疑問や不満を感じながらも、今の仕事を続けるしかないのかなと考えていました。 コロナというきっかけがあり転職することになりましたが、本当はもっと早くから転職活動をするべきだったと思っています。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    やはりある程度大きな会社の方が、福利厚生面もしっかりとしているし、震災などのイレギュラーな事態が起こった際にも柔軟に対応してもらえるのではないかと思っています。 仕事内容は、実際に色々と経験していく中で、自分に合っているもの合わないものが見えてくると思うので、「何をやりたいか」ではなく「どのような会社で働きたいか」ということに重きをおいて就活をしたいです。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    転職活動がうまくいくのか、転職先がいい会社なのか、色々な不安があると思います。しかし、転職を考えているということは、今の環境に何かしら不安や不満があるということだと思います。その不安や不満とまずはしっかりと向き合い、転職することで解決することなのか見極めることが大事ではないかと思います。

    以上

    まとめ

    今回は、金融業界で保険会社事務として働く兵庫県に住む40歳女性で、既婚(子供無)の高橋(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事