転職のリアル:現在、特許事務所で事務職として働く23歳女性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、特許事務所で事務職として働く23歳女性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、特許事務所で事務職として働く東京都に住む23歳女性で、独身の江本(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について江本さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:航空業界から特許事務所に転職。
  • 職種:旅客サービス課から事務職。
  • 年収:250万円から、300万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    2ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で航空業界に入り、旅客サービス課で搭乗手続き業務及びに到着業務を行なっていました。 コロナウィルスの影響で自宅待機が続き、思うように仕事ができなかったため転職を決断し、特許事務所に転職をしました。 主に国内特許業務、外国特許の翻訳業務に携わっています。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    働かながらスキルを得ることができる仕事に就きたいと思い、転職活動を始めました。 コロナウィルスの影響で思うように仕事ができず自宅待機が続き、将来に不安を抱きました。 スキルを持つことで経済が不景気になったとしても職に困ることがなくなると考えるからです。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    先輩が転職エージェントで働いているため、話しを聞いて情報収集をしていました。またインターネットで会社の業績を調べていました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    転職する会社を選ぶ中で働きながらスキルが身につく仕事であるかどうかを一番大切にしていました。 スキルを持つことで世の中が不景気になったとしても仕事に困ることがないと考えるからです。 また転職活動をする中でスキルや資格がどれだけ重要であるか学んだためです。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビネクスト、マイナビ転職

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職サイトを利用することでサイトの中で履歴書や職務履歴書を作成することで会社に応募する際に複数の会社を一斉に応募することが可能であるため、手間が省けて良かったです。 悪い点として一斉に応募できるが故に面接日程の管理が大変でした。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    転職エージェントは利用していません。

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職エージェントを利用しなかった理由として転職エージェントを利用することで転職エージェントから何度も電話がくると聞いていたためです。

    転職した会社に満足していますか?

    転職に満足をしています。 転職をすることで自分自身が目標に掲げていたスキルを身につけることができる仕事に就けたからです。 しかし前職と比べた際に現職は中小企業のため、同期がいなかったり、教育が手厚くない他、昇給がほとんどないことが悪い点にあげられます。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    転職をやりなおすなら転職エージェントを利用して活動をしたいと考えます。 転職エージェントを利用することで非公開求人を紹介してくれる他、面接後には相談に乗って下さったり、自分自身に合った会社を提案してくれるなど効率よく転職活動ができるからです。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    新卒に戻るなら自分自身がスキルを得ることができる仕事に就きたいと考えます。 転職活動をしていた際に経験年数や資格が必要という条件が多々ありました。 資格がないと応募することができない会社があったため、資格を取得することで幅広く仕事を選ぶことができると考えるからです。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    自分自身がなぜ転職をしたいのか、また将来のビジョンを明確に話せるようにすると転職は上手くいくと考えます。 自分自身面接を受けて必ず前職を辞めた理由を聞かれました。 前職を辞めた理由についてネガティブなことを言うのではなく自分自身が成長したいから転職をするなどプラスに話せるようにすると会社も疑問なく、受け入れ採用してくれます。

    以上

    まとめ

    今回は、特許事務所で事務職として働く東京都に住む23歳女性で、独身の江本(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事