転職のリアル:現在シェアリングエコノミー業界でオペレーターとして働く26歳女性独身の転職体験情報

転職のリアル:現在シェアリングエコノミー業界でオペレーターとして働く26歳女性独身の転職体験情報

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、シェアリングエコノミー業界でオペレーターとして働く北海道に住む26歳女性で、独身のまき(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」についてまきさん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:広告業界からシェアリングエコノミー業界に転職。
  • 業種:営業職からオペレーター。
  • 年収:250万円から、250万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    20ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    地方自治体や企業に対してのアポ、商談(ヒアリング)、提案、受注を大小問わず既存クライアント25社/月、新規アプローチ10社/日行い、新規開拓数トップの成績でした。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    仕事のやりがいはありましたが、それに見合った給与がもらえず、また上司の仕事に対するモチベーションの低さに嫌気がさし、その会社で学べるスキルを得たら辞めようと思いました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    先輩や友人のの転職体験情報、インターネットや紙媒体の転職・求人情報から情報を得ました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    仕事量に対して見合った給与が支払われるか、またプライベートの時間もとれるかを重視しました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビネクスト、マイナビ転職

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    大手企業の募集もしていたので、調べる楽しさはありましたが、本業でなかなか転職活動の時間が取れず最終的には利用をしませんでした。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    リクルートエージェント

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    自分の職歴と転職希望時期に合わせて、仕事情報をピックアップして紹介してくれたので時間がない中でも選びやすかったです。

    転職した会社に満足していますか?

    前職で1番の悩みであった仕事量と給与のバランス、またプライベートの時間については十分に解消されましたが、成果を求められて困難な中達成する喜びを味わえてた前職に比べて、現職は効率が求められるある意味ルーティンワークとなったため「やりがい」は得られなくなりましたが。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    前職での良かった点、悪かった点を振り返って、自分が譲れないものの優先順位をつけて、仕事を探すのはよかったのですが、実際に働く人の声などを聞いて現場を確認した上で選んだ方がいいと思いました。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    仕事を選ぶ上で、その職種を生涯やりたいというものが決まっていないのであれば、短期間で能力が身につく会社(たとえブラックでも)を選択した方が、同じ社会人年数の人に比べてかなりのスキルアップになるので、さらにやりたいことができた場合の有利になるのでいいと思います。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    すぐに転職をするのではなく、今いる会社で得られるスキルを得た上で転職をした方が転職後の自分のモチベーションも変わります。また仕事はいくらでもあるので、企業選びは早いうちからスタートするのがいいと思います。

    以上

    まとめ

    今回は、シェアリングエコノミー業界でオペレーターとして働く北海道に住む26歳女性で、独身のまき(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事