転職のリアル:現在、情報通信業界でコンサルティング職として働く39歳男性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、情報通信業界でコンサルティング職として働く39歳男性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、情報通信業界でコンサルティング職として働く秋田県に住む39歳男性で、独身の杉山(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について杉山さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:自動車業界から情報通信業界に転職。
  • 職種:コンサルティング職からコンサルティング職。
  • 年収:450万円から、600万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    3ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で国家公務員に採用され、自己実現のため自動車業界に転職しました。 自動車業界では業務改善コンサルタントとして従事しており法人顧客に対して 業務改善コンサルティング業務を行っていました。 その1つの法人から業務改善部署の立ち上げの話があり転職の相談をもらいました。 自動車業界から情報通信業界への異業種への転職ではありましたが、 自分の経験が活かせるなら良いと思い転職しました。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    新規部署の立ち上げということでの転職ということでスカウトをもらったことがキッカケになりました。 今までの経験も活かせる部分もあり、転職先企業からの提示条件も良かったので、 自身が持てる転職になるし、今までの経験も活かせると思ったので転職をしようと思いました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    企業さまからのオファーをもらった後、転職エージェントに相談し、業務をしながら転職活動ができました。 転職エージェント様とは業務終了後に相談し、転職先企業と交渉してもらったり、どのような仕事なのか という内容などの情報を収集してもらいました。 他には、転職オファーをもらった企業様のホームページを詳しく見たりしました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    自分の経験が活かせる仕事を第一に、年収が第二、休暇や福利厚生が第三という感じで転職時に大切にしたいことを考えました。 異業種での転職は不安と思いましたが、自分の経験が活かせる部分を大切にすることによって、 転職した後も後悔はしませんでした。むしろ転職して自分の経験値がアップしたことを考えると、 今までの経験が活かせる仕事を大切にすることは、重要だったのかな。と思います。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビネクスト、マイナビ

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職サイトの良い点は、思っているよりも好条件の待遇で転職できることです。 企業からの直接オファーだけで転職するより転職サイトの担当者を通すことで、 仕事をしながら転職がスムーズにできることです。 逆に悪い点は、転職サイトの人が、どういう人か見えにくい、分かりにくい点です。 この人に頼んでも大丈夫だろうか?と思う部分があるので、転職サイトの担当者と 直接会って話したい部分があります。 しかし、そんなに悪いイメージはありません。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    リクルートエージェント

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良い点としては、エージェントのスキルが高いので、好条件での転職が成功しやすい点です。 悪い点は、エージェントが抱える案件が多いので、転職が集中する時期には、なかなか連絡がつきにくい点です。

    転職した会社に満足していますか?

    転職には満足しています。良かった点は待遇の良さだと思います。大企業への転職はハードルが高くて難しいと 最初は思っていましたが、しっかりと経験を積んでおけば転職には苦労しないと思います。 悪かった点としては、好待遇のあまり業務の多さに、体が追い付かないことがあること。 病気などで休職する人もでることがあることです。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    もし、転職をやり直すとしたら、転職後のフォローアップも、エージェントにお願いしたいです。 転職したら、エージェントの仕事は終わりなのかもしれませんが、3年定着が公開される時代としては、 転職後の問題を3年程度保証してくれるか相談すればよかったかな?と思います。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    新卒で就職するのであれば、まずは民間の大きな企業にチャレンジするか、公務員が良いのではないかと思います。 新卒で中小企業からステップアップするのも良いですが、福利厚生が充実している企業が良いと思います。 若いうちは金銭面で不安定な部分が多いので、最初は給与へのウェイトが多くなると思うので、 金銭的に余裕ができるまで努力して転職するのが良いのではないかと思います。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    現在は新型コロナで就職が大変だと思いますが、スカウトや非公開求人は来ますから、あきらめてはいけません。 学歴よりも戦力になるかどうかが企業は見てきますので、学生の時に取得できる資格は取っておくと良いと思います。 入社した後でなければ取得できない資格もあるので、入社したあとでも努力をかかせません。 異業種転職はできます。スカウトサービスがある転職エージェントのサービスは登録するべきだと思います。 コロナ不況とは言われますが、企業が欲しい人材にはスカウトをしてきたりしますので、不安に思うことはないと思います。 日頃の努力は必ず報われるというのを伝えたいです。

    以上

    まとめ

    今回は、情報通信業界でコンサルティング職として働く秋田県に住む39歳男性で、独身の杉山(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事