転職のリアル:現在、web業界で受注管理として働く26歳女性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、web業界で受注管理として働く26歳女性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、web業界で受注管理として働く大阪府に住む26歳女性で、独身の戸村(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について戸村さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:教育業界からweb業界に転職。
  • 職種:カウンセラー、進路指導、営業、事務から受注管理。
  • 年収:300万円から、230万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    2ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で子ども服の会社に就職し、店舗販売員となりました。ひたむきに働き一年半ほどで念願の店長となりましたが、会社が倒産した為やむなく人生初の転職活動を行うこととなりました。 無事大手教育業界に再就職することが出来ましたがあまりの激務に体調を崩し、退職いたしました。 その後はアパレル関係のECサイトの運営を行う会社にて受注管理の仕事をしています。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    やりがいを感じられる素晴らしい仕事ではあったものの、あまりの激務に体調不良が続き、このままでは自分が潰れてしまうと感じたことが1番のきっかけです。 どれほど自分のやりたい仕事であっても、深夜までの残業や休日出勤、オーバーワークのような心身を弱らせる仕事は続けることができないのだなと痛感しました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    手を広げすぎると収拾がつかなくなる為、マイナビ転職一本で情報を集めていました。加えて、関連業界に勤める友人からアドバイスをもらっていました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    自分の時間を確保できるかどうかを最優先に考えました。 心身を壊してしまっては元も子もないので、土日祝休みで残業月平均10時間程度の会社に絞って転職活動を行いました。健康的に長く勤めるにあたって、労働環境は非常に重要だと前職で痛感したからです。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    マイナビ転職

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良い点は、面接までスピーディーにたどり着けることです。今の会社はweb履歴書を見た社長から直接メールをもらい面接に進みました。 悪い点は、掲載期間が限られている為焦りが生まれる点です。ゆっくり選んで対策に時間をかけたい人は苦戦するかもしれません。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    転職エージェントは利用しませんでした。

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職エージェントは利用しませんでした。転職サイトが能動的であるのに対し、転職エージェントは向こうから電話やメールでの案内が多く届くと友人から聞き、どちらかというと受動的なスタイルになってしまうのではないかと危惧した為です。人の意見に左右されたくなかった為、転職サイトを選びました。

    転職した会社に満足していますか?

    転職して良かった点は、激務から解放され、自分の時間を持てるようになったところです。転職した甲斐があったと強く感じます。 転職して悪かった点は、労働環境を重視するあまり給与が大幅に下がってしまったことです。日常的に使うお金を調整するのに苦労しました。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    転職をやり直すなら、労働環境、収入、出世できるかどうか、今後社会においてどのような立ち位置になる会社であるかを、より総合的に分析するべきだったかと思います。 一番気になる条件にばかり目がいきがちですが、多角的に会社を評価する姿勢が必要でした。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    新卒に戻るのであれば、やはりまた自分のやりたい仕事をしたいと思います。 転職を一度もしない人間の方が少ないと思います。それならばせっかく若いのだから多少のリスクを負ってでもやりたいことをやるべきだと感じます。その経験はその後の経験値に必ずなります。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    転職する人は皆、前職になんらかの不満があった人だと思います。ついつい前職で不満を持った条件にばかり気が行ってしまい、その一部分が好条件である会社に惹かれがちです。しかしそれで入社してしまうとまた別の条件に不満が募り転職のループになります。ぜひ多角的な視点から会社を評価し転職活動を行ってください。

    以上

    まとめ

    今回は、web業界で受注管理として働く大阪府に住む26歳女性で、独身の戸村(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事