転職のリアル:現在、貿易業界で重機オペレーターとして働く27歳男性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、貿易業界で重機オペレーターとして働く27歳男性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、貿易業界で重機オペレーターとして働く福岡県に住む27歳男性で、独身の新村(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について新村さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:貿易業界から貿易業界に転職。
  • 職種:重機オペレーターから重機オペレーター。
  • 年収:300万円から、400万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    16ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で入社した会社は鉄道の補選業務です。 枕木交換やレール交換など電車が走るのに必要な整備の仕事をしておりました 昼勤~夜勤とぶっ通しで続くことが多々ありまして、もう体がもたないと思いまして入社から2年半後に転職を決意しました。 それから地元に帰って近場のスクラップ輸出業に転職。収入等条件面で不満が出始めて7年目にして同業他社に転職しました

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    主には昇給が不透明(不定期、審査基準不明)や退職金等がないことです 長くこの会社にいる特典といいますかいつ辞めても変わらないような形態なので退職を決意しました。 それとボーナスの額も寸志程度で本人の評価にかかわらず会社の業績によって上がり下がりが決まってしまいますので、仕事量に関わらずみんな一律で支給額が決まってしまうことです。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    仕事を探しつつ失業保険等の申請ができるタウンワークで直接足を運んでいました。 なかなか条件にあう仕事が見つからず最終的にはネットでいくつか候補を絞って面接いたしました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    やはり今務めている会社より年収が高いことが第一条件です。 それから第二に福利厚生の完備と休日や有休などの条件を今の会社と見比べてました。 職種についてはもう7年も同じ仕事をしていましたので同業他社なら初めから覚える必要もなく採用されやすいと思い同じ職種を選択しました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    Indeed

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良い点なのですが、年収等の条件が職安よりだいぶんよかった点です。 それから足を直接運ばなくても面接のアポがとれますので自宅で簡単に応募できる利点がありました。 悪かった点はとくにはありません。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    doda

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    よかった点は、アドバイザーが転職活動をサポートしてくれる点です。応募書類の添削等アドバイスや面接対策を指示してくださいますので、とてもいい状態で面接に臨むことができます 悪い点に関しましては事前にメールアドレスを登録するのですが、「お客様の条件に合う企業が見つかりました」とメールが山のように届くところです。少ししつこいくらいに感じておりました

    転職した会社に満足していますか?

    良かった点は作業自体に限定した話ですと前の会社と比べてとても楽になりました。仕事量換算でいくと半分もしていないのではないかと思ってます。 悪かった点は今のところは転職して半年も足らずで詳しい内部の事情等は把握しきれていませんので今のところありません。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    現状に満足しておりますので特にはありませんが、強いて申し上げるなら従業員の数や資本金など会社の体力をしっかりと把握して転職すべきでした。従業員数が15人未満と極めて少なく、業界自体(物の価値)が株のように上がり下がりがありますので、やはり体力がある会社でしたらより安心できたと思います。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    比較的高い年収が提示されていて福利厚生の整っているIT企業がベストだと考えています。 将来独立を考えた時なども他業種に比べて極めて少ない予算で会社を立ち上げることができますし、会社に勤めていながらも技術を学ぶことができますので、新卒に戻るならやはりIT企業一択ではないかと思います。フリーランスという選択肢もありますので比較的自由度が高い職種だと認識しています。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    年収を勤務日数や労働時間で計算をしっかりして、時給換算してみて割に合うかどうかをまず第一に考えるべきだと思います 実際に就職してみないとわからない会社の内部事情等ありますが、それはどこの企業に就職しても同じことなのでまずは条件第一。次に会社の従業員数や資本金等で会社の「体力」をある程度把握していると、将来その企業に勤め続けても安心できると思います。

    以上

    まとめ

    今回は、貿易業界で重機オペレーターとして働く福岡県に住む27歳男性で、独身の新村(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事