転職のリアル:現在、介護業界で営業職として働く40歳男性既婚(子供有)の転職体験の本音

転職のリアル:現在、介護業界で営業職として働く40歳男性既婚(子供有)の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、介護業界で営業職として働く宮城県に住む40歳男性で、既婚(子供有)の野田(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について野田さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:介護業界から介護業界に転職。
  • 職種:事務職から営業職。
  • 年収:450万円から、400万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    2ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で外食業界へ入社。その後は介護業界の事務職として勤務。仕事内容としては、本社での新卒採用、中途採用、給与計算業務、立ち上げ業務等幅広く携わった。また地元に異動して、支店勤務として人事労務業務に携わった。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    長く仕事をすることで、いろいろな仕事にも携わり、また責任も増えてきた。当初は地元勤務で働いていたが 仕事をすることでいろいろな経験を身につくことで、地元だけでなくいろいろなエリアで仕事をすることになった。 そのため、家庭の時間が疎かになってしまうことが出てきたため、仕事よりも家庭を優先にしたかったため、 転勤のない会社で働きたかったため、転勤を決意した。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    ハローワーク、インディード、転職エージェントを中心に動いた。特に転職エージェントは5社以上利用して そのエージェントの担当とよく話しをすることでいろいろな情報をもらって動いていた。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    年収は大事にしたかった。家庭をもったこと、持ち家をもったこと、車のローン等長期的なお金の支出が発生することもあり、職種や働き方も大事だったが、家族のことを第一優先することが大事だと思い、年収が転職活動をすることで優先して考えたことになります。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビネクスト

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職サイトを利用することで、会社の情報を知ることや会社の雰囲気を知ることもできたことが良い点でした。悪い点は、 転職サイトで悪いコメントを見ると気持ちが揺らぎ、本当にこの会社が良いのか不信感を持ってしまうことです。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    リクルートエージェント、DODA、HUREX、アデコ、リージョンズ、パソナ、MEJOB

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職エージェントを利用することで、一番良かったことは、履歴書を1度提出すれば、あとはエージェントの方がそれを 基に動いて下さったので、ハローワーク等のように何度も履歴書を書かなくて済むことが手間が省けました。そして、 こちらが面談することで、その人にあった情報を紹介してくれるので、寄り添ってくれていることがうれしかったです。 悪い点は、自分に合うような求人がないと、全然連絡がこないこと。事務職は特にエージェントによって事務求人が強い、 弱いがあったので、全くなかったエージェントもありました。

    転職した会社に満足していますか?

    転職としては満足してます。エージェントを利用したことでの転職でしたので、エージェントの担当者からの事前情報も貰っていたため、あとは自分の覚悟次第のところがあったので、転職後の大変さなどは自分の成長と思い頑張らないといけないと思っております。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    もし転職をやり直すなら、もっと会社の雰囲気や会社の仕事が見れるような見学をしたかった。またその会社の経営状況や四季報などを見てその会社が安定しているのか等、もっと慎重に進めることも大事だったかなということも視野に入れてもよかったかなと思いました。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    新卒に戻るなら、「勤務時間の変動がない、休みも固定された土日祝日の休みのある会社がいいです」というのが、20才代の 考えでしたが、40才になったときに感じたことは、若い時にいろいろと苦労できたから今大きな苦労もせずに仕事が出来ていることを感じました。だから、新卒に戻るなら、いろいろな経験をさせてくれる会社が良いと思います。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    転職するなら、本当慎重に転職活動をすることをおススメします。ただし、慎重になりすぎることで、本当に転職する必要があるのかということも考えてしまうことで、転職に踏み切れないこともあるかもしれません。そしてこのコロナの中、失業者も増えてもしかしたら自分のやりたいことに就けない可能性もあります。自分もそんな中の1人でしたが、自分は思い切りで転職しました。そして転職後、大事なのは仕事を覚えるよりも人間関係を築くことが大事だと思います。だから、常に周りの人にやさしくなり、気を配ることで、相手も自分を見てくれ、会社の中に溶け込みやすくなると思いますので、まずは一歩を踏み出してみましょう。

    以上

    まとめ

    今回は、介護業界で営業職として働く宮城県に住む40歳男性で、既婚(子供有)の野田(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事