転職のリアル:現在、レンタカーで営業職として働く26歳女性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、レンタカーで営業職として働く26歳女性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、レンタカーで営業職として働く北海道に住む26歳女性で、独身の橋田(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について橋田さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:複合機などオフィス用品からレンタカーに転職。
  • 職種:営業職から営業職。
  • 年収:200万円から、400万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    3ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で複合機やオフィス用品を扱う地元の会社に入社しました。新入社員が私しかいなかったため、まずは代表電話対応、電話やFAXでの注文を確定する作業などの事務職を3週間ほど教わりました。ある程度、仕事の流れがつかめてきたところで、先輩の営業さんに同行する日が始まり、その後、1週間に数日、会社周辺企業を飛び込み営業するような形になっていきます。営業同行兼引継ぎが1か月くらい経ったところで、担当企業を約200社持つことになりました。その後は複合機やオフィスのリニューアルなど大型案件がないか、足しげく通う日々です。この業界に限界を感じるようになり、現レンタカー会社へ転職し、ディーラーや損保、修理工場さんへ車を使っていただけないか?と週1回程度営業をしています。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    基本給が9万円、手当含め手取りが17万円程度でこの仕事内容はやっていけないと感じたこと。また、40代から60代の大先輩がほとんどで、営業していく中でこの業界に限界を感じるとともに、昔ながらの営業スタイルを貫く創業家2台目社長のワンマンさに嫌気がさしました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    まずはマイナビやデユーダなどの転職サイトに登録し、どんな企業が募集をしているのか?など見る程度でした。時間が合えば、ホテルなどで開催される合同説明会にも参加しました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    私が一番重視したのは年収です。前職では、基本給9万円、あまりにも不釣り合いな職能手当を加えたとしても手取り約17万という、今考えるとありえない支給をされていたので、せめて基本給で17万円くらい支給してくれ、ある程度福利厚生も整っている企業を優先して探しました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    マイナビ、リクナビ、デューダ

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    条件をどう変更したら、どのような企業がヒットしてくるのか?確認しながら、企業を探すことができるので、自分自身に向き合いながら、冷静に企業選定するには良いと思います。メールが多く届くので、メールボックスがパンパンになるのが、私としては悪い点でした。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    デューダ

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    一番良かったと思うのは、履歴書の添削をしてくれる点です。今の会社に勤めて思いますが、履歴書を見て、ある程度採用するかしないか決めて面接をしている点があるので、企業が初見となる履歴書はしっかり描く必要があります。その点において、客観的な視点で添削してもらえるのは良いと思い、利用しておりました。

    転職した会社に満足していますか?

    転職してよかったと思います。前職では、始業時間の2時間前には出社し、夜も残業代が一切出ないのに、仕事が多すぎて21時までほぼ毎日仕事をしていました。転職してからはちゃんと1分単位で残業が出るようになりましたし、比較的年代が同じなので、同僚を仕事の悩みなどを相談できたり、協力しながら作業できる喜びが大きいです。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    たとえ、給料やある程度やりたいことに合致する企業であっても、あまりにも通勤距離がかかりすぎる企業はやめたほうが良いと伝えたいです。現在、私は自宅から勤務先まで片道約40キロ、50分の道のりを運転してますが、本当に疲れます。給料も大事ですが、身体が健康であっての仕事なので、通勤は負担のないようにしたいです。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    私はある意味、地元の小さい企業でよかったと思います。大手だと完全分業だと思いますが、従業員20名程度の小さい会社だと本当に自分が稼いでこなきゃ今月の給料が支払われるかどうかの瀬戸際でした。正直、無駄な作業が多くありましたが、この経験があるからこそ今の自分がどんなに恵まれているのかがわかります。新卒に戻ったとしても、前のようなザ・ブラックな会社で私は良いです。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    上司とそりが合わないや残業時間が長くつらい、人手不足だからやめようにもやめられないなどネガティブな理由で転職したいと思う人も中にはいらっしゃると思います。少なくとも私はそうでした。でもそんな方には、どうか転職の一歩を踏み出してほしいと思います。私も上司に伝えるのに時間がかかりましたし、その一歩を踏み出すことにすら2か月を要しました。環境を変えることで見える景色がこんなにも違います。転職先が合わなければまた転職したっていいんです。つらいと思ったあなたの心にだけは嘘つかないで上げてください。もうとっくに悲鳴を上げているかもしれませんよ?さあ一歩を踏み出して、よりよい人生にしましょう。あなたの人生をよりよくできるのはあなた自身です。

    以上

    まとめ

    今回は、レンタカーで営業職として働く北海道に住む26歳女性で、独身の橋田(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事