転職のリアル:現在、医療で看護として働く36歳女性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、医療で看護として働く36歳女性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、医療で看護として働く愛知県に住む36歳女性で、独身の藤川(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について藤川さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:医療から医療に転職。
  • 職種:看護から看護。
  • 年収:600万円から、400万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    1ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    社会人になってからずっと同じ職場で働いておりました。部署変更もあり、合計3部署での職務経験があります。経験年数もそれなりにありましたので新たな事業確立の際のメンバーに選出されたこともございますし、新人教育にも携わっておりました。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    仕事量が増大し、自分では捌ききれないと思う量が与えられるようになりました。会社内で色々と事業を行っている時期ではありましたが、あまりにも酷いと感じました。上司が積極的に現状を上層部に訴えておりましたが、最初のうちは超過勤務の量に対してお叱りをお叱りを受けるような状況で、フォローが入るようになるまでにとても時間がかかりました。これを機にもう少し働くベースを下げることに決めました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    転職情報サイト・エージェントを複数掛け持ちし情報提供をして頂きました。正確には5種類のサイト・エージェントを同時に使用していました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    自分が考える最低給料がもらえる会社、超過勤務が少ない会社。前職を辞めた理由が仕事が忙しすぎることだったので、給料を下げてプライベートの時間が持てる職を探しました。通勤の時間ほど無駄な時間はないと考えていますので、家から30分程度で通える場所で探しました。若しくは通勤時間を勉強時間等に充てられるように乗り換えなしで行ける場所で探しました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビNXT、ハローワークです。

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良い点は、①一か所で多くの情報を調べることが出来ることです。②情報を登録しておくと、それに合わせて新しい求人があった際にお知らせメールをくれます。以上2点です。悪い点は、①情報を登録しているはずなのに別の求人も届きます(私の設定の仕方が悪かったのかもしれませんが)②なかなか面接までたどり着けません(大分お断りされました)。上記2点です。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    リクルートエージェント、看護Ro!、看護のお仕事です。

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良い点は、①自分の知らない情報を、提示した条件に合わせてサイト側から送ってくれるので自分で探す手間が省けます。②自分で探すことも出来ます。上記2点です。悪い点は、①担当者さんが企業との間に入る為、担当者さんの力量によって不備が出ます(例:面接日が決まったのに、知らせが来ない)。②担当者さんによって何かと電話連絡をしなくてはいけなくなります。

    転職した会社に満足していますか?

    まだ再就職先で働き始めていないので何とも言えませんが、現状は満足しています。自分が考えていた条件で、かつきちんとした会社に正社員で内定を頂く事が出来ました。ただ、内定が決まった企業を紹介していただいた中間業者のエージェントさんが頼りない部分があり、不安なときはありました。求人の情報収集は個人では難しい部分があるので無理ですし(実際に内定を頂いた企業のことを私は知りませんでした)、楽ではありましたが、これなら自分で企業さんとやり取りしたほうが早かったと思いました。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    自分では分かりやすく伝えたつもりだったのですが、不十分だったと感じましたので、どのような担当であっても対応可能なように、もう少し自分の条件・要望を明確化・簡略化(言葉を)してエージェントさんに伝えて、就職活動がスムーズに進むようにしていきたいと思います。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    会社の方針がしっかり決まってい会社(経営、教育もろもろ含む)、超過勤務はしっかりと給料に換算される会社、ある程度の規模があり簡単につぶれない会社、ある程度忙しい会社、自分がやりがいを感じられる業種の会社、年を重ねてきた後に体力的にきつくない職種の会社、人間性が優れた人が多く働いている会社に勤めたいです。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    定年まで働ける職場を探したいと思われる方は、何件も面接をしてもらってその会社の雰囲気も感じながら探した方が良いと思います。実際に面接に行くと、面接の仕方も会社によって大きく違います。面接のやり方一つでもその会社に自分が合うか判断材料の一つになります。

    以上

    まとめ

    今回は、医療で看護として働く愛知県に住む36歳女性で、独身の藤川(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事