転職のリアル:現在、教育で塾講師として働く38歳男性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、教育で塾講師として働く38歳男性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、教育で塾講師として働く神奈川県に住む38歳男性で、独身の前田(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について前田さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:教育から教育に転職。
  • 職種:塾講師から塾講師。
  • 年収:180万円から、350万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    7ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    私立高校4校で計10年教員を勤めました。最初の2年間は常勤講師(ほぼ正社員と同じ待遇)で残りは非常勤講師でした。最後の学校で契約を切られて、仕方なく派遣に登録し塾講師になりました。先日転職サイトを利用して転職をしました。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    コロナウイルス禍の緊急事態宣言が発令されて休業状態になり仕事がなくなりました。2カ月ほど休んで、再び開始した時には形態も多少変わっており収入が減ってしまいました。今までは月20万以上はもらえていたものが、月15万未満になってしまいこのままではまずいと思い転職を決意しました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    ネットで調べ自分にふさわしい転職サイトを選び、登録した転職サイトからの情報を使いました。他のサイトを使う必要性は感じませんでした。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    収入が転職のきっかけだったので、収入だけは絶対譲れませんでした。一応年収300万以上を基準としました。 あとは自分の今までの経歴が生かせる業務であることと正社員(もしくはほぼ同等、企業の保険に加入が条件)であることを基準としました。つまり安定性が重要でした。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビNEXT

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    一番の良い点は履歴書を手書きしなくていいということに尽きます。履歴書を手書きすると間違いが許されないので精神的に相当消耗するからです。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    リクナビエージェント

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    日程の調整がスムーズに済むことでした。あとは都合が悪い条件の時にうまくはぐらかしてくれるというのも良かったです。ただ、結果論ですが使う必要はなかったです。

    転職した会社に満足していますか?

    満足しています。仕事内容がさほど変わらないのに収入がたくさん増えたというのが大きかったからです。 悪い点は1点だけ、正社員希望でしたがそれが叶わなかったことでした。契約社員ですが、それでも収入は大幅に上昇して保険についても同様の扱いになっており1年目については十分に我慢できる内容だとは思っています。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    職務内容をもっと絞り込みたいです。とりあえず転職したい、正社員になりたいがメインになり今から考えてみれば適性のないところにも挑戦していたと思います。その分日程が詰め詰めになり大変だったときもあるので余裕を持った日程にして疲れないようにしたいです。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    現在働いている教育、特に塾・予備校業界がいいと思います。決して今までの人生を否定することはないのですが、非正規の時間が長かったのは間違いないので正社員になれる期間をもっと稼ぎたいと思いました。そうはいっても正社員ならばどこでもいいのかもしれません。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    しっかりした経歴を持っていれば年齢や非正規の状態がずっと続いていても全く問題なく就活はできます。すくなくとも非正規期間が長かったことは就活の上でマイナスにはならなかったように思います。だから正社員でなくてもお金が欲しいならば積極的に転職を進めるといいと思います。

    以上

    まとめ

    今回は、教育で塾講師として働く神奈川県に住む38歳男性で、独身の前田(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事