転職のリアル:現在、広告業界で営業事務として働く26歳女性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、広告業界で営業事務として働く26歳女性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、広告業界で営業事務として働く千葉県に住む26歳女性で、独身の川崎(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について川崎さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:アパレル業界から広告業界に転職。
  • 職種:販売職から営業事務。
  • 年収:300万円から、300万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    2ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で入社した会社では医療業界にて受付業務を経て、アパレル業界で販売職を経験し、営業事務へ転職しました。現職では、事務の仕事のみならず推進業務を通じて取引先へ向けて営業のように自ら電話したり、テレフォンオペレーターのように取引先からのお問い合わせのご案内や機能ご案内の業務も従事しております。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    仕事にやりがいを感じており、今でも友人の服選びを手伝うことはありますが、アパレル業界の未来をあまり感じられず、平日のお客様の入客がないにも関わらず、ずっと立ちっぱなしで時間だけが過ぎてしまい、体力的にきつかったのと、その間にできることがたくさんあるのにと感じていたためです。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    友人から話を聞いたり、転職サイトに登録したり、自分でネットから検索して必要な情報を収集しておりました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    プライベートな時間を確保できるような会社であるかということを特に重視していました。前職では立ち仕事でせっかくのお休みも身体を休めることに費やしてしまったり、シフト調整で連絡が来るかもしれないということで、常に会社からの連絡を意識しなければいけませんでした。自分は時間が一番大切だったため、仕事の時間とプラベートの切り替えはきちんとできる社風の会社を探し、今に至ります。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    マイナビ転職、女の転職type

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良い点は、私の場合は書類の通貨率が高くて面接まで進める企業が多かったのと、直接取材の中で実際に働いている社員の方へのインタビューを拝見できたり写真があるので雰囲気がわかりやすくて、とても使いやすかったです。悪い点は面接日程の調整や内定辞退のご連絡など、いろいろなことを自分で管理しなければいけないので、そこは少し不便です。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    リクルートエージェント、マイナビエージェント

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良かった点は、エージェントの方が親身になって相談に乗って下さり、素朴な質問にも丁寧に答えて下さったことです。面接対策や業界についても詳しく教えて下さいました。悪い点は2つあって、1つはエージェントの方との相性も少し関係するなと思いました。私の場合は、女性のエージェントの方には、自分のことをとても話しやすく相談しやすかったのですが、男性のエージェントの方は話し方に高圧さを感じて、あまり自分の本音を言えないなと感じて、そこは1回の面談のみしか使っていません。もう1つは直接応募ではないので、面接まで進むのに時間もかかりますし、通過率もあまり良くありませんでした。

    転職した会社に満足していますか?

    今のところやや満足しています。人にも恵まれたので、助け合いながら仕事もできていますし、現在リモートワーク中なので、通勤時間が無くなったことに本当に助けられていて、空いている時間には資格の勉強をしたりスキルアップのために時間を使っています。仕事内容も営業事務の枠に捉われず、いろいろな業務に携わっているので将来的にも繋がりそうだと考えています。少し不満なところは、言われたことだけやれば良いという雰囲気を感じることです。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    自分の希望を中心に転職活動をしてしまったので、もっと世の中の動きを把握したり、世界情勢などを勉強してから業界を絞っても良かったかなと感じています。例えば自分が長く働くことを前提に決めて、IT業界の事務から挑戦してエンジニアを目指してみるとか、そういう道もあったかなと思っています。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    自分が新卒の年であれば、挑戦できる会社に行きなさいと言いたいです。もし、また私が転職するときに選びたい基準になると思いますが、挑戦できるということは仕事に責任感が伴うということであり、ただ言われたことをこなすのでは得られない経験という財産を手に入れられると思います。責任があるということは、より自分の頭で考えて行動するということなので、考えない業務はいずれロボットに自動化されてしまうと感じています。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    まずは世の中のことを知ることです。日本だけではなく世界全体を知り、自分はどうしていきたいのか、そのためには何が必要でどう動いたら良いのか?ということを自問自答し、とにかく動くことだと思います。実は私は新卒の会社は1カ月で辞めています。今、辞めて良かったと心から思っています。もし、今の会社に不満があるのであれば、自分の未来を明るく良くしていくためにも、まずは行動することだと思います。転職活動は自由ですし!がんばってください!

    以上

    まとめ

    今回は、広告業界で営業事務として働く千葉県に住む26歳女性で、独身の川崎(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事