人気8社徹底比較!本当に選ばれている転職アプリは?

転職のリアル:現在、ゲーム業界でエンジニア職として働く27歳男性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、ゲーム業界でエンジニア職として働く27歳男性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、ゲーム業界でエンジニア職として働く神奈川県に住む27歳男性で、独身のしとろん(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」についてしとろんさん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:ゲーム業界からゲーム業界に転職。
  • 職種:エンジニア職からエンジニア職。
  • 年収:120万円から、240万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    カ月:6ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    高校卒業後、22歳までコンビニでアルバイトをして退職後、ゲームのテスト業務の下請け会社に契約社員として入社 2020年12月まで4年間務めた後、現在会社でSEとして入社後、常駐会社でQAエンジニアとして働いております。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    コロナがきっかけで主に2点理由があり、 1点目は、当時在籍していた会社でコロナ化での対応に疑問があったことです テストの下請け会社でしたが、コロナ化でも仕事は多く、その原因が他の会社がコロナで営業ができない状況になり、 そちらの仕事が回ってきているということでしたが、自分の会社もリモートワークなどの対応はとらず、いつコロナで営業ができなくなってもおかしくない状況でしたが、そのことには特に対応されず、その姿勢に疑問をもったことが1点目です 2点目はコロナの影響で転職などを先回しにする人が増えて求人数に対して、転職を考える人が減っている今がチャンスなのではと思ったことです。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    転職情報サイト、複数の転職エージェント、プログラミングスクールの担当講師、スクール生限定の転職情報となります

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    新しい業種やスキル習得に対してオープンな会社であるかどうかが判断基準となりました テストエンジニアとして働いていましてが、開発スキルや自分でゲームを作ってみたいと思っていたので、 そういったスキルや希望を聞き入れて、動いてくれるかどうかを重視しておりました

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビネクスト、type

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良い点:自分のペースで転職活動を実施できる点 自分の情報を伝えることが苦手で、相談や質問形式で進められると、思っていたのと異なるということが多々あったので、 オンライン上で自分が転職した企業を直接選択できることが良い点であったかなと思います 悪い点:自分で動かないと転職活動がスムーズにできない点 不明点などを自分で解決できないと転職活動が億劫になり、動きを止めてしまいそうになるということは多々あり、 転職へ熱が冷める機会が多々あるなと思いました

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    利用しておりません

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職エージェントは過去に利用したことがあり、電話や面談が多くまた応募までの過程が受動的であるため、 自分の希望より、エージェントの意見を優先してしまいそうな気がして、利用しませんでした

    転職した会社に満足していますか?

    転職後の良かった点に関しては、 テレワークを経験できたことと自分の持ってるスキルは場所によって価値が変わることを知れた点です 転職後の悪かった点に関しては、 強いて言うなら、住む場所が変わったので、人付き合いが極端に減ったことです

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    自分自身で進めるという方法以外の方法で転職していれば今よりもっといい状況になっていた可能性もあるので、 そういう意味で、次転職する際は転職エージェントを利用したり、誰かに相談したり、自分を客観視できる人の情報などをもとに転職活動をしてみたいです

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    フットワークが軽く、アイデアや作業方法など変えることにオープンな会社がいいです コロナ化で働き方を変えないと営業ができないという事態に陥ったときに、そういった状況で改善策を取るか取らないかという姿勢は日々の業務に対して、よりよい方法を探す姿勢とリンクしているのかなと感じました。 ですので、よりよい方法を探求することにオープンな姿勢の会社に就職したいです

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    自分はノースキルだと思っていましたが、自分のスキルに価値を見出してもらえる会社に出会えました 転職活動をする中で知ったのは、応募数を増やすことが一番手っ取り早いと思いました ですので、問題になるのは応募することで発生するタスクや拒否される怖さであると思うので、そこは割り切り、 そういうものだと思い、気になる企業へどんどん応募するのが転職成功の近道かと思います。

    以上

    まとめ

    今回は、ゲーム業界でエンジニア職として働く神奈川県に住む27歳男性で、独身のしとろん(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事