人気8社徹底比較!本当に選ばれている転職アプリは?

転職のリアル:現在、建設業界で事務職として働く34歳女性既婚(子供有)の転職体験の本音

転職のリアル:現在、建設業界で事務職として働く34歳女性既婚(子供有)の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、建設業界で事務職として働く宮城県仙台市に住む34歳女性で、既婚(子供有)のあこさん(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」についてあこさんさん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:ブライダル業界から建設業界に転職。
  • 職種:営業職から事務職。
  • 年収:400万円から、450万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    8ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒採用でブライダルの会社へ入社しました。コロナ禍で婚礼が全くなくなり、会社が倒産。その後にリクルートサイトなどの支援を貰い建設業界へ入社。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    一番大きかったのは、会社が倒産したことです。倒産する前にも自主退職を募ったりしていたので、「そろそろうちの会社やばいのかなぁ。」と思い、リクルートサイト等に登録し、次の会社を探し始めるようになりました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    リクルートサイトのみで転職活動を行いました。職業安定所など、公共施設での案内は一切受けませんでした。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    やはり、コロナ禍でも倒産しないような会社の母体がしっかりしている企業を選びました。あとは、前職はブライダル業界=ブラック業界でしたので、ワーク&ライフバランスが取れるような9時~17時が可能な会社を選びました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビネクスト、DODA、リクルート

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    誰かから「この会社はいいですよ」と勧められるわけではなく、全て自分で見極めなくてはいけないので、その点は大変だと思う。ただ、転職サイトはじっくり時間をかけて見れるので、優柔不断な私はその点は良い点だと思います。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    リクナビエージェント

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    エージェントの方と話した時は、この企業はどうなのかなぁ、と悩んでいたときだったので背中を押してもらったのが良かったです。悪かった点は、別のエージェントの方があまりにも他人事過ぎたことかと思います。(担当を変えてもらいました)

    転職した会社に満足していますか?

    非常に満足しています。憧れだった「9時~17時」も獲得し、さらに給料もアップしました。以前はボーナスも無かったので、とっても満足です。また、職場の方々も仕事に追われているような感じではなく、皆さんと和気あいあいと仕事が出来ています。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    今の職場に満足しているので、改善するとすれば、給料のアップでしょうか。あとは、第2・第4土曜日は出勤になるので、土日完全休暇の会社に入社したいです。あとは福利厚生などがもっと充実した会社があればやり直したいかもしれません。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    ブライダル業界というブラックな業界に足を踏み入れていただけに、9時~17時のこんな毎日でいいのだろうかと思う事はありますが、新卒に戻るのであれば、焦らず実情や会社や社会の未来を見据えて就職先を探したいです。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    私自身、30歳を超えて転職するとは思っていませんでしたが、リクルートサイトを使用してとてもいい会社に入れました。決心に遅すぎるという事はないと思います。あなたが転職してどんな生活になりたいか、それを分かってくれる企業に出会うことが出来ればいいなと願っております。

    以上

    まとめ

    今回は、建設業界で事務職として働く宮城県仙台市に住む34歳女性で、既婚(子供有)のあこさん(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事