人気8社徹底比較!本当に選ばれている転職アプリは?

転職のリアル:現在、IT業界でエンジニア職として働く29歳男性独身の転職体験の本音

転職のリアル:現在、IT業界でエンジニア職として働く29歳男性独身の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、IT業界でエンジニア職として働く埼玉県に住む29歳男性で、独身の亙(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について亙さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:自動車業界からIT業界に転職。
  • 職種:製造職からエンジニア職。
  • 年収:240万円から、250万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    4ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    大学卒業後は登録制アルバイトをしていたため、新卒で社会人になった経験はありません。 27歳の時、前職に就職し、周りより遅れて社会人生活をスタートさせて頂きました。 前職では末端の社員として、ベテラン社員とペアを組んで見習いをしておりました。 転職後はChrome bookのキッティング、サーバーの運用監視、移動体通信の回線開通業務などをしております。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    前職が新型コロナウイルスの影響で受注が減ってしまい、自宅待機となってしまいました。 休業手当は出ましたが、それだけで生活することはできませんので、コロナ禍でもそれなりの需要のあるIT業界への転職を決意致しました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    転職情報サイト、転職エージェント、ハローワーク、テレビ・新聞、駅や電車などの広告、親、弟、友人、先輩などからの情報です。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    ITエンジニアという職種です。コロナ禍を含む不況時でもそれなりの需要があり、手に職を付けることができ、経験を積むとフリーランスという働き方もできることなどに魅力を感じたためです。 また、通勤していたらいつ自分がコロナに感染してもおかしくない状況の中、ITエンジニアはテレワークがしやすいことはありがたかったです。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    ウォンテッドリー

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    気軽に会社の採用担当の人と話ができること、料金を払ってプレミアムメンバーになる会社の人に見つけてもらいやすくなる点が良い点です。 悪い点は、給与や福利厚生などを掲載できない点です。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    就職Shop、東京キャリアセンター(株式会社アジアンリザレクション運営)

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    履歴書・職務経歴書の添削や面接練習をしてくれる点が転職エージェントの良い点です。 悪かった点は非公開求人が多い点、会社からの紹介料で収益を上げているため、求職者よりも会社寄りになってしまう点です。

    転職した会社に満足していますか?

    自分の希望の職種に転職できたため、満足しております。 転職後の良かった点は、肉体労働から解放され、綺麗で空調の効いた環境で働くことができるようになった点です。 悪い点は、前職では勤務地が定まっていたのに対し、転職後はSESの特性上、定期的に現場を変えなければならず、その度に面談という名の面接をしなければならない点です。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    もっと複数の転職エージェントを利用し、そのことをエージェントさんにも伝えます。 そうすることでより多くの求人から選ぶことができますし、エージェントさんも競合他社に求職者を奪われないようにと、より良い条件で採用するよう会社と掛け合ってくれると思うからです。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    新卒でIT企業に就職したいです。 若さは強力な武器です。 吸収が速く、魅力的なITエンジニアの仕事をもっとスムーズに覚えることができていたはずです。 また、30歳になる前に独立することができていたと思います。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    少しでも転職を考えているなら、迷わず転職しましょう。 今の会社に不満を感じている証拠です。 人生は我慢するほど長くありませんし、年齢を重ねれば重ねるほど転職しにくくなっていきます。 確かに早期離職は会社にとっては損失ですが、会社のために我慢して転職機会を逃しても会社は社員の人生の責任を取ってくれません。 会社は社員を「お荷物」と感じるようになった瞬間、あの手この手を使って辞めさせようとしてきます。 ならこちらも、今の会社が自分にとってマイナスだと思うなら捨てましょう。 お人好しになっても良い事は何もありません。 会社や社会のためではなく、自分のために働きましょう。

    以上

    まとめ

    今回は、IT業界でエンジニア職として働く埼玉県に住む29歳男性で、独身の亙(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事