人気8社徹底比較!本当に選ばれている転職アプリは?

転職のリアル:現在、IT業界でエンジニアとして働く32歳男性既婚(子供無)の転職体験の本音

転職のリアル:現在、IT業界でエンジニアとして働く32歳男性既婚(子供無)の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、IT業界でエンジニアとして働く兵庫県に住む32歳男性で、既婚(子供無)の刺激(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について刺激さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:IT業界からIT業界に転職。
  • 職種:エンジニアからエンジニア。
  • 年収:280万円から、280万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    3ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    IT系企業にてWebページ制作をしていました。 その後、人事部に異動。 人事部に異動後は社内報の作成や、主に勤怠管理に従事。 採用活動を担当。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    やりたかったプログラミングの仕事が出来なかった。 エンジニアとしての技術を高めたかったが、コロナ禍の状況で社員の退職が相次いだことから異動になり、本来やりたかった仕事が出来なかった。 約束の期間を過ぎても戻してもらえなかったから。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    転職サイトでの求人情報検索、 転職エージェントを利用した相談。 SNSなどのネットでの情報収集もしていました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    スキルが詰める事です。 終身雇用が現実的でないものとなった今、ITスキルの習得は自分の人生に大きな意味があると信じています。 ですのでIT技術の習得が前提で選んでいました。 そこで出来るだけ求人数が多いサイトを使う事が一番良いと考えました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビネクスト、マイナビ転職

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良かった点/求人が多い 悪かった点/求人の量は多いが、企業の質が悪い者も多い。 PR求人は、全く検索条件と関係ないのにヒットした。 同じ企業が大量に掲載しているせいで探しにくい。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    リクルートエージェント、DYM転職

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良かった点/代わりに求人を探してくれる。 悪かった点/明らかに希望してない業種の企業を紹介された。 正社員と言いながら客先常駐、無期雇用派遣を紹介された。

    転職した会社に満足していますか?

    余り満足していない。 転職後も現状あまりスキル向上を見込める仕事はさせて貰っていない。 良かった点はプログラマーに戻れたこと。 悪かった事は、スキルを認めて貰っていないので一からやり直しになった事。 とはいえ自分の年齢と経験を考えれば当然とも。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    もう少し自力でスキルを磨き、ある程度の成果物を用意出来てから転職するべきだと感じる。 究極的な話をすれば、スキルの習得は自分でどうとでもできるので、収入面を考えるならいっそ他業種でもよいから給与に拘った転職を考えるのも良いかもしれない。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    労働環境がきちんとしている企業が良いです。 基本的にブラックな企業は企業全体の生産性も高くないと感じました。 年間休日をきちんと用意できていない時点で経営者の経営スキルが怪しいと感じます。 事実不測の事態が起きて一番右往左往していたのが経営陣でした。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    仕事は自分の人生を左右するものです。 どんな会社を選ぶかの判断基準は人それぞれですが、給与か時間の余裕のどちらかは拘った方が良いと感じました。 給与が高ければ後々時間の余裕が作れるし、給与が低かったとしても時間の余裕があれば自学でスキルの習得だ出来ます。 もし正社員の求人でその様な企業に出会えなかったら、非正規も考えるべきだと思います。 ただ、非正規なら非正規でただ日々の生活のために働くだけの人生は送らず時間をどう使うかを真剣に考えた方が良いと感じました。

    以上

    まとめ

    今回は、IT業界でエンジニアとして働く兵庫県に住む32歳男性で、既婚(子供無)の刺激(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事