人気8社徹底比較!本当に選ばれている転職アプリは?

転職のリアル:現在、IT業界でIT機器の設置、工事作業員として働く33歳男性既婚(子供有)の転職体験の本音

転職のリアル:現在、IT業界でIT機器の設置、工事作業員として働く33歳男性既婚(子供有)の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、IT業界でIT機器の設置、工事作業員として働く東京都に住む33歳男性で、既婚(子供有)の宮本(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について宮本さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:人材紹介業からIT業界に転職。
  • 職種:人材派遣営業からIT機器の設置、工事作業員。
  • 年収:400万円から、390万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    3ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で整体の会社に入り8年務めたのち、結婚を機に人材紹介業の会社へ転職。コロナの煽りを受け、現在の情報通信の会社に従事。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    人材紹介業の仕事内容が自分の性格に合っていなかったことが1番大きかったです。派遣社員のクレーム対応が毎日のようにあり、数字に追われる焦燥感が合いませんでした。またコロナの影響もあったので今の業界で働き続けるのは厳しいと判断した為。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    エン転職、DODA、マイナビなど大手転職サイトに複数登録し、自分の希望に合った求人の情報を収集していました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    自分の適性に合ってるか、ライフワークバランスの整った環境かを重視していますが面接した際の面接官の雰囲気も大切にしています。また業績が右肩上がりなのかも重要な判断要素でしたので、現在の会社はここ4年連続で増収総益でまた情報通信機器を取り扱っている企業なので、時代に左右されないと思い今の会社を選びました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    エン転職、DODA、マイナビ転職。

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    ・良い点 自分の要望に合った求人のみを表示してくれる。 最新の求人を表示してくれる ・悪い点 転職エージェントから営業の電話やSNSがやたらとくる。 求人メールがやたらとくる。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    エン転職

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    利用無し。自身が転職エージェントの経験があったので、自分の適性に合った職種や希望の年収、通勤時間などを自分でリサーチして今の会社に辿り着きました。

    転職した会社に満足していますか?

    ある程度満足しています。人材紹介業をしてた頃よりも早く家に帰れるようになりました。悪かった点は自分は工事作業員として従事してますが、営業が契約してきたIT機器で「これを設置する意味が本当にあるのか?」と思うようなものもあったりするので、たまに良心が痛むこともある。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    1番は自分の適性と希望の年収、ライフスタイルに合うかを見極めながら転職活動を行うと思います。現在は以前よりも早く帰れるようにはなりましたが賞与が年に1度なので、以前よりも年収は落ちています。求人情報をよく確認しておくべきでした。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    育成環境が整ったIT企業に勤めていたと思います。まず自分は黙々と仕事に専念したいタイプなのでプログラミングにも興味があるので、そういった自分のペースで黙々とできる仕事に勤めていたと思います。またIT業界は時代に左右されないので、そういった面も気に入っています。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    まずもって自分の適性に合った職種を選ぶべきと思います。自分のやりたいことも大切ですが、自分の得意な事、人よりも上手にできる事は何なのかを理解したうえで仕事を選んだ方が長い目で見て安定して働けると思います。また、ライフスタイルの変化でも仕事を変えるきっかけになると思います。私も当時彼女だった今の奥さんに結婚するなら今の会社よりもホワイトな環境の会社に転職してと言われて転職し、結婚に至りました。後悔はありません。その時その時の人生の優先順を見極めて、自分にできる事を仕事にすればきっと上手くいきます。

    以上

    まとめ

    今回は、IT業界でIT機器の設置、工事作業員として働く東京都に住む33歳男性で、既婚(子供有)の宮本(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事