人気8社徹底比較!本当に選ばれている転職アプリは?

転職のリアル:現在、IT業界でシステムエンジニアとして働く29歳女性既婚(子供無)の転職体験の本音

転職のリアル:現在、IT業界でシステムエンジニアとして働く29歳女性既婚(子供無)の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、IT業界でシステムエンジニアとして働く静岡県に住む29歳女性で、既婚(子供無)のモモコ(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」についてモモコさん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:IT業界からIT業界に転職。
  • 職種:システムエンジニアからシステムエンジニア。
  • 年収:390万円から、350万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    3ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で入社した会社ではシステムエンジニアとして、社内外問わずWEB系のシステムアプリケーションの改修をし、その後転職先では、スマートフォンのアプリケーション開発に携わりました。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    結婚を機に都内から地方へ引っ越しをし、都内通勤が難しくなったからです。コロナの影響もありテレワークが普及されていましたがお客様先でいつ通勤指示が出るかわからない状態での契約(常駐)は難しいと言われ退職せざるを得なくなりました。また、子どもができたことを考えた場合に長時間通勤が難しいので地元で探すことを決めました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    転職経験ある友人にアドバイスをもらい、転職エージェントを利用しました。またテレビで見た情報や、ネット、インスタ、Twitterの情報も活用しました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    ライフワークバランス(休日がしっかりあり残業が少ないこと)、土日祝休み、年末年始休暇、勤務地 上記を大切にした理由は、家庭を支えながら無理なくある程度(パート以上)の収入を得たいと思ったからです。将来的に子供ができた場合でも現実的に働き続けられるような育休取得と復職されたママがいる会社を選びました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビネクスト

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    求人がありすぎて絞り込むのが難しい。また、リクナビエージェント登録の流れからリクナビネクストに登録を促されてなんとなく登録してしまい活用はしていませんでした。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    マイナビエージェント、リモワ女子、リクルートエージェント

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    転職活動で孤独を感じ、だれにも相談できない中でエージェントさんと相談できたり、履歴書の添削や面接対策、面接で過去にどのような質問がされてきたかやどういう人材を求めているかを詳しく教えてくれます。

    転職した会社に満足していますか?

    満足していない。ただ良かった点は、リモートワークを推奨していたことのみ。悪かった点は、転職サイトやHPに記載されている求人情報、労働環境は都内に構える本社と関西支社のみで色濃く、地方支社には浸透していませんでした。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    受かることを目的としてしまい、入社前(内定後)に踏み込んだ質問ができませんでした。残業平均は全社なのか、支社であればその支社内での労働環境をしっかり聞いておくべきだったと感じています。また、実際に働いている人と会話できる機会を設けてもらえばよかったと思っています。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    新卒で入社した会社はしっかりとした教育で給与面も不満はなくよかったと思っております。ただ、もう少し欲を言えば大企業のようなところのように社会人としての教養も勉強できる機会があるとなおよいと思いました。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    焦りは禁物ですが、期限を設けて集中して行わないとだれたり、間延びしてしまうので注意が必要です。そうなりそうな方、もしくはそうなっている方は転職エージェントを活用するとぐいぐい誘導してくれるのでいい手かもしれません。エージェントとの相性もあるので様々なエージェントに登録してみてください。

    以上

    まとめ

    今回は、IT業界でシステムエンジニアとして働く静岡県に住む29歳女性で、既婚(子供無)のモモコ(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事