人気8社徹底比較!本当に選ばれている転職アプリは?

転職のリアル:現在、医療福祉業界で営業職として働く32歳男性既婚(子供有)の転職体験の本音

転職のリアル:現在、医療福祉業界で営業職として働く32歳男性既婚(子供有)の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、医療福祉業界で営業職として働く北海道に住む32歳男性で、既婚(子供有)のエクボ(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」についてエクボさん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:土木建築業界から医療福祉業界に転職。
  • 職種:営業職から営業職。
  • 年収:350万円から、400万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    3ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    フィットネスインストラクターやホテルマンでサービス業を10年程経験し、その後営業職に興味を持ち、建設業や医療福祉の営業職を経験しました。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    給与面や不規則な勤務時間や残業など将来的にも、サービス業をずっと続けていけるか不安でした。30歳になるタイミングと、子供ができたのがきっかけで転職を決意しました。何よりも家族との時間を大事にしたいという気持ちが一番の理由てす。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    色々な転職サイトを見ました。口コミや評判や年代に合った転職サイトなどを調べ、まずは登録してみる所から始めました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    年収や休日、転勤の有無を重要視しました。北海道でずっと働きたいという思いがあったので転勤が無い会社選びと、子供と過ごせる時間を大事にしたいという思いから、残業時間や年間休日の日数も重視しました。もちろん年収も下げる訳にはいかないので、前よりも総合的に条件の良い会社への転職を希望していました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビ、マイナビ、doda

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    色々な求人を見れるので、自分に合った職種以外にも、新しい発見や気付きが生まれることがありました。広い視野で自分の棚卸しをして、本当にやりたい仕事や自分の特徴を分析することができました。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    リクルートエージェント、doda

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    キャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれて安心しました。分からないことはなんでもすぐに聞けるのが助かりました。ただ、なかなか自分に合った求人がありませんでした。

    転職した会社に満足していますか?

    年収や休日、残業時間、転勤の有無などの面では、前職より良いので満足しています。なにより年収が上がったのに、残業時間がほとんど無いのが嬉しいです。ただ、競合他社が多数いるので売上面では少し不安ですが頑張っていきたいと思います。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    もっとキャリアアドバイザーに質問やお願いなどをして、最大限活用できれば良かったと思います。せっかく専任でアドバイザー付いてくれるので、客観的な評価をしてもらったり、細かい部分での調整や根回しをしてくれると、もっと良い転職に繋がったかもしれません。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    新卒に戻るなら、まずは業界からしっかり選びます。将来的な需要や今後伸びていく業界か、消滅していく業界かをしっかり分析して会社選びをしたいです。職種も将来を考えて手に職を付けれるものを選びます。プログラマーなどで活躍したいです。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    転職は焦らない方が良いと思います。しっかりと自分を棚卸しし、働く上で何が重要なのかを決める事も大事です。給与面や、休日面など。たとえ転職に失敗しても、働いてみないと実態は分かりません。自分が悪いわけでは決してないです。色々な仕事があるので、また次を探せば良いと思います。

    以上

    まとめ

    今回は、医療福祉業界で営業職として働く北海道に住む32歳男性で、既婚(子供有)のエクボ(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事