人気8社徹底比較!本当に選ばれている転職アプリは?

転職のリアル:現在、不動産業界で営業職として働く28歳男性既婚(子供有)の転職体験の本音

転職のリアル:現在、不動産業界で営業職として働く28歳男性既婚(子供有)の転職体験の本音

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、不動産業界で営業職として働く埼玉県に住む28歳男性で、既婚(子供有)のひさし(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」についてひさしさん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:鉄鋼業界から不動産業界に転職。
  • 職種:営業職から営業職。
  • 年収:580万円から、400万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    6ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で入社してから2年半、工場の現場職に従事しました。その後営業所に配属となり、鉄鋼材料の営業職となりました。そして7年目に転職を決意し、今の不動産業界の営業職となりました。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    全国転勤があり、結婚と子供の誕生に合わせて、転勤のない会社に転職しようと決意しました。また、残業時間も月に約40時間程度あり、家族との時間の確保が困難であったため、残業時間の少ない企業への転職を決意しました。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    転職情報サイトにて希望する勤務条件を入力し検索していました。また、転職エージェントに相談をし、自分に見合った企業がないか探しました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    プライベートと仕事をバランスよく、どちらかに偏らないことを一番に考えました。全国転勤で家族との時間を犠牲にすることや、残業を引き受けざるを得ない状況は避け、家族との時間の確保や過度な業務を行わなければならないことを第一に回避することにしました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビネクスト、doda、マイナビ転職

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    自分の希望に合った職業を検索することが出来、自分の思うようにスケジュールで面接に進めることが出来ました。悪い点は最もよい条件を例に挙げている企業が多いため、実情はそこまで年収がいかないなどの実態との差が生まれました。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    マイナビエージェント

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    自分に見合った企業を探してくれたり、履歴書や自己prの添削を行ってくれるため、転職を共に進めてくれる心強い仲間となりました。悪い点は転職の軸に基本的に現職と同職種を設定されるため、異業種への挑戦が難しいと思います。

    転職した会社に満足していますか?

    そこそこ満足しています。良かった点は残業時間がほぼなくなり、家族との時間を多く作ることが出来たことです。また、全国転勤への心配がなくなり、子供の転校などを気にしなくて大丈夫となったことです。悪い点は、給料が大幅に減ったため、副業などを活用していかなければならないことです。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    企業情報を再度よく調べ、従業員の働き方についてどの程度深く考えている企業なのかを、再度考慮したいです。在職中での転職活動であったため、思考することにかなり疲れてしまい、妥協したまま転職をしてしまった部分があります。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    競合他社が数多くいる商社での勤務であったため、ワークライフバランスがかなり取りづらい体育会系の会社に入ってしまいました。そのため、メーカーなどの商流の川上にある企業に入社し、自分の生活も大切にできる企業に入社したいと思います。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    人それぞれ自分の人生にとって大切なものの優先順位があると思います。最も大切なことを忘れずに、妥協すべき点とそうでない点に向き合っていくことで、おのずと自分の納得する企業に入社することが出来ると思います。自分の気持ちを第一に行動していってほしいです。

    以上

    まとめ

    今回は、不動産業界で営業職として働く埼玉県に住む28歳男性で、既婚(子供有)のひさし(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事