転職のリアル:現在、福祉業界でサービス職として働く39歳男性既婚(子供有)の転職体験情報

転職のリアル:現在、福祉業界でサービス職として働く39歳男性既婚(子供有)の転職体験情報

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、福祉業界でサービス職として働く神奈川県に住む39歳男性で、既婚(子供有)の次郎(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」について次郎さん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:福祉業界から福祉業界に転職。
  • 職種:サービス職からサービス職。
  • 年収:420万円から、420万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    3ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒では小学校の教員をしていました。特別支援学級の担当になり、その経験から転職後、管理職に就きました。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    小学校の教員として特別支援学級の担当をしていた時に、もっと障がいのある子どもたと関わり、将来に向けての支援や教育をしたいと感じたことがきっかけです。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    インターネットの転職エージェントでお世話になりました。経歴を入力し、職種を選ぶと様々な会社からオファーを受け、その会社の情報を集めていました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    職種と働き方です。もちろん、給与も判断基準にいれましたが、見学をさせてもらったり、説明会に参加したりしてさその会社の雰囲気を見て判断しました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    リクナビネクスト

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    色々な情報を集めることができ、どこが良いか見極めと、面接に応募や見学がスムーズできたことです。

    ただ、情報が多すぎて会社を選ぶのに時間がかかりました。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    リクナビネクストです。

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    良い点は、親身に相談に乗ってもらえたことです。履歴書や経歴書の添削、面接での受け答え方等のアドバイスをいただけたところです。

    悪い点は、見知らぬ人に顔を会わせず電話で全てを話す事に抵抗を感じたことです。

    転職した会社に満足していますか?

    満足しています。知らない業界に飛び込み、何もわからないところからのスタートだったのですが、皆さんが親切に教えてくれたり、フォローをしてくれたりしたので、楽しく仕事ができました。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    今の所で満足していますが、何度も会社に足を運んだり、バイトやボランティアでお手伝いをしたりして、会社の様子を見ても良かったかなと思います。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    学生の頃から公立の小学校教員になることしか考えていなかったので、就職活動はしていませんでした。その経験から、今のポジションに就けたので、新卒に戻ったとしても、同じ道を歩むかと思います。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    転職は、今まで働いてきていた所を辞める勇気と働きながらも転職先を探す等の行動力が必要になってくると思います。転職エージェントに登録すると、いつでも担当の方にアドバイスや、相談にのってもらうことができます。一人で悩まず、転職エージェントやハローワークのお世話になると良いかなと思います。頑張って下さい。

    以上

    まとめ

    今回は、福祉業界でサービス職として働く神奈川県に住む39歳男性で、既婚(子供有)の次郎(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事