転職のリアル:現在、金融業界で講師職として働く31歳女性既婚(子供無)の転職体験情報

転職のリアル:現在、金融業界で講師職として働く31歳女性既婚(子供無)の転職体験情報

どうも!キャリアZ編集部です。今回は働く社会人の「転職のリアル」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

現在、金融業界で講師職として働く東京都に住む31歳女性で、既婚(子供無)のしゅう(仮名)さんです。

自分の周りだけだはない、日本中の「転職のリアル」を知ることで視野が広がります。

ここでは、転職前と転職後の業界や、職種、年収などの情報、社会人になってから今までのキャリアについて、転職をしようとしたきっかけ、転職活動の情報収集方法、転職する会社を選ぶ際の判断基準、活用した転職サイト・転職へエージェント、転職を考えている人へのアドバイスなどを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

「転職のリアル」についてしゅうさん(仮)の自身の経験をもとに回答いただきました。

転職での業界・業種・年収の変化を教えて下さい。

  • 業界:金融業界から金融業界に転職。
  • 職種:事務職(アシスタント)から講師職。
  • 年収:300万円から、350万円。
  • 転職開始から、入社するまで何ヶ月かかりましたか?

    2ヶ月で転職活動をしました。

    社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

    新卒で人材派遣の営業を経験した後、人材紹介の営業兼キャリアコーディネーターに転職しました。一時社労士を志すものの、FPを勉強したことをきっかけに金融業界へ。アシスタント業務などを経て現在は金融のセミナー講師をしております。

    あなたが転職をしようと思った一番のきっかけを教えて下さい。

    その職場に居続けてもそれ以上新しいスキルを学んだり経験を積んだりすることが期待できず、長期的なキャリアを考えた際に不安を覚えたことがきっかけです。

    あなたの転職活動での情報収集の方法について教えて下さい。

    の転職体験情報サイトや転職エージェント、企業ホームページを調べる他、知人の話を聞いたりして情報を得ていました。

    転職する会社を選ぶ際の、ご自身が一番大切にした判断基準を教えて下さい。年収、職種、働き方、プライベート、やりがい

    新しいことがどれだけ学べるかや積める経験の種類など、自分のキャリアアップに繋がるかどうかを最も重視しておりました。

    会員登録して利用した転職サイトを教えて下さい。

    ビズリーチとwantedlyを利用しました。

    会員登録して利用した転職サイトの良い点/悪い点を教えて下さい。

    多くの求人を自分が好きなように見ることができるのが良い点です。悪い点としては検索の仕方を工夫しないと自分が探している求人に出会えない可能性があることです。

    利用した転職エージェントを教えて下さい。

    パーソルキャリアとパーソルテンプスタッフです。

    利用した転職エージェントの良い点/悪い点を教えて下さい。

    求人票に載っていない情報も教えてくれたことが良かった点です。また、日程調整などを仲介してくれるのも良い点ではあるのですが、一方で間に立たれる分連絡に時間がかかったり直接企業とやりとりし情報を得るのが難しかったりという点はマイナスでした。

    転職した会社に満足していますか?

    満足しています。もともと転職の理由だったスキルや経験を積むこと、自身のキャリアアップに繋げることができたと思います。ただ、職場環境には少し不満があります。

    転職をもう一度やり直すならどう改善したいですか。

    面接は別フロアの会議室で行われた為実際のオフィスを見たり先輩方にお会いしたりすることができませんでした。やり直すなら、職場を見させていただいて雰囲気や一緒に働く方々を知った上で入社の判断をするようにしたいと思います。

    新卒で今はいるならどんな会社がいいですか。

    どんな仕事にも共通する汎用的な力と、自分の武器となる専門性がバランスよく身につけられる会社が良いと思います。

    転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    インターネットで得られる情報を網羅することはもちろん大切ですが、実際に職場へ行って社員さんとお話することでわかることもたくさんあります。興味が少しでもあれば応募してみるのが良いと思います。

    以上

    まとめ

    今回は、金融業界で講師職として働く東京都に住む31歳女性で、既婚(子供無)のしゅう(仮名)さんに、「転職のリアル」を聞いてみました。

    転職は不安も多いですが、キャリアの手段としては常に意識していきたいですね。業界/業種/年収/働きやすさなどの総合判断だと思いますが、今の環境よりも良い環境はきっとあります。自分の今の市場価値を知ることもとても大事です。自分の人生を自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。他の記事もみて、自分の判断基準を増やしていきましょう。

    転職体験の本音カテゴリの最新記事