出版業界39歳男性既婚(子供無) フリーランスのストレス対処法

出版業界39歳男性既婚(子供無) フリーランスのストレス対処法

どうも!キャリアZ 編集部です。今回は働く社会人の「ストレスの対処法」をテーマに、先輩社会人を調査していきます。

今回、お話を伺ったのは、

出版業界で働く39歳男性フリーランスで、 既婚(子供無)の金太郎(仮名)さんです。

働くということは、人生の大きな部分を占めます。1日8時間以上、週5日は働く人が多いと思います。そんな仕事には、ストレスがつきものです。では、実際世の中の社会人は、どのように対処しているのでしょうか。他の社会人のリアルを知ることで、人生を豊かにする気づきがあると思います。

社会人になってから今までのキャリアについて、今現在のストレススコア、現在のストレスの種(原因)、最大のストレス解消法、過去一番の仕事での悩みストレス、若手社会人への「ストレスとの向き合い方」へのアドバイスを聞いてきます。

それでは早速、質問をしていきます。

仕事のストレスについて自身の経験をもとに回答いただきました。

社会人になってから今までのキャリアについて教えて下さい。

中小出版社で雑誌編集者として勤務、その会社が倒産した後、別会社の出版部門で雑誌編集者兼動画編集者として勤務、その後フリーライターとして独立しました。

【ストレス】現在の仕事の忙しさはどのくらいですか?1~10までの数字10段階で教えて下さい。

7点

【ストレス】現在のあなたのストレスの種(原因)を教えて下さい。

各仕事の単価が安すぎて、仕事をかなり詰め込んでも全体的な収入が上がらないことです。

【ストレス】あなたの最大のストレス解消法を教えて下さい。

馴染みの居酒屋でのんびりお酒を飲みながらタバコを吸い、好きな本を読んで過ごすことです。

【ストレス】過去一番の仕事での悩みやストレスは何でしたか、また解決方法を教えて下さい。

雑誌制作の責任者となった時に制作側と営業側の意見が相違してばかりで、その板ばさみとなってしまったことです。

【ストレス】若手社会人へのストレスとの向き合い方のアドバイスをお願いいたします。

会社関係者とは別の場所で友人、知人を作り、会社への愚痴でも悪口でも好きなだけ言える環境を作るべきです。言葉として吐き出すだけでもかなりスッキリするものです。

以上

まとめ

今回は、出版業界で働く39歳男性フリーランスで、 既婚(子供無)の金太郎(仮)さんに、仕事についての実情を聞いてみました。

仕事では、悩みやストレスが溜まることが、多々あると思います。いかにストレス解消できるかはとても重要です。ストレスとの向き合い方を知っている人は強いです!いつ何時も己を見失うことがないなんて理想ですし、もちろん、十人十色の人生がありますので仕事とストレス解消のための参考にしてもらえればと思います。自分の人生を、自分で歩むためにも人生の先輩や他の人のスタイルを知ることが役に立ちます。自分の判断基準を増やしていきましょう。

ストレス対処法カテゴリの最新記事